このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>男性の結婚指輪を選ぶポイント・持ち歩き方とは?

男性の結婚指輪を選ぶポイント・持ち歩き方とは?


水晶の輝き!アメリカの結婚式で大流行の「ジオードケーキ」




生涯に渡り身に着ける「結婚指輪」は、夫婦になる2人にとってとても重要なもの。
女性の場合は結婚指輪も石付きのものを好まれることが多いですが、男性の場合はあまり華美な結婚指輪だと日常的に使いにくいかもしれません。
アクセサリーを身に着ける習慣がない方も多く、結婚指輪をどう持ち歩けば良いのか悩んでしまうケースも多いです。

今回は男性の結婚指輪を選ぶポイントや、安全な持ち歩き方について紹介していきます。

男性の結婚指輪を選ぶポイントとは?

1.日常的に使いやすいデザイン
一生身に着ける結婚指輪は、やはり違和感なく使えるシンプルなデザインのものを選ぶのがベター。
特に会社に身に着けていく男性の場合にはあまり派手なデザインだと使いにくいですし、会社によっては使用を制限される場合もあります。
またシンプルな結婚指輪なら指輪を着ける習慣のない男性にも受け入れやすく、年齢を重ねた時にも使用しやすいというのも嬉しい点。
個性的な結婚指輪も良いですか、やはりシンプルで飽きのこない使いやすいデザインのものを選ぶのがオススメです。

2.素材
毎日着ける結婚指輪は、その素材を選ぶことも重要なポイントのひとつ。
特に仕事中に着ける場合は、傷が付きにくく変色・変形しにくい素材を選んだり、金属アレルギーの場合にはアレルギー反応の出にくい素材を選ぶなどの点に気をつけると良いでしょう。
一生身に着けるものなので、高価であっても素材を重視して選ぶことが大切です。

3.お互いが納得し気にいる結婚指輪
ペアのデザインの結婚指輪を選ぶ方は多いですが、どちらかが気に入らないデザインのペア結婚指輪を強引に選ぶのはNG。
お互いが違うデザインのものを気に入ったのなら、それぞれ異なるものを選ぶというのも良い方法です。

「ペアでない結婚指輪では特別感が薄い」と感じる場合には、内側にお互いの名前やメッセージを刻印したり、内側に同じ石を入れるなどのアレンジをして結婚指輪の特別感をアップさせると良いですね。


指輪を着けない男性の結婚指輪の持ち歩き方

指輪を着けない男性の結婚指輪の持ち歩き方

1.結婚指輪にチェーンや革ひもを通してネックレスに
日頃指輪を着ける習慣がない男性は、日常的に着ける結婚指輪に抵抗を感じる方も多いもの。
そのような場合には、指輪にチェーンや革ひもを通しネックレスとして利用するのもオススメです。

指に着けるよりも外的な摩擦や接触が少ないので指輪に傷がつきにくく、紛失するリスクも低いため安心して持ち歩くことができますね。
チェーンとの摩擦による傷が気になる場合には革ひもを使うと良いですが、革ひもは切れてしまう可能性があるため定期的に取り替えるなどのメンテナンスをしっかり行いましょう。

2.指輪のケースや入れ物に入れる
結婚指輪をケースや布の入れ物などに入れ持ち歩くという方法もあります。
指輪のケースなどに入っていれば傷つく心配もありませんし、着けたい時にはすぐに取り出せるのも嬉しい点ですね。
紛失のリスクが気になる方は、ストラップにできるタイプのジュエリーボックスを利用し、携帯やバックなどに取り付けておくのもオススメです。

結婚指輪の取り扱いは夫婦の形にあわせて、柔軟に変えていくことをオススメします。
指にはめていないからといって夫婦の愛が損なわれるというものでもありませんので、それぞれがストレスなく着用できるよう工夫することが大切です。


モバイルサイト  動画 men