このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>結婚式の日程や演出選びには「験担ぎ」を意識しよう

結婚式の日程や演出選びには「験担ぎ」を意識しよう


結婚式の日程や演出選びには「験担ぎ」を意識しよう




日本には古くから受け継がれるさまざまな文化がありますが、そのうちのひとつに結婚に関する験担ぎ(げんかつぎ)があります。
結婚式に向けて日本ならではの結婚に関する文化について覚えておくと良いかもしれません。

ここでは、日本の結婚に関する験担ぎについてご紹介したいと思います。

そもそも何のために験担ぎをするの?

験担ぎという言葉の由来は、江戸時代に遡ります。
江戸時代に流行ったものの中に、逆さ言葉というものがありました。
もともとは、縁起を担ぐという言葉であったものが、逆さ言葉によって「えんぎ」が「ぎえん」と変化して、これが「験を担ぐ」という言葉に推移していったそうです。

験担ぎとは、縁起が良いとされる行動を実践したり、縁起が良い物を用いたりすることによって、運を上昇させようとすることです。
結婚は一生を左右する大切なものであるため、験担ぎをすることによって、幸せな結婚になるようにとの願いが込められています。


縁起が良い日を選ぶ目安となる「六輝(六曜)」とは?

六輝(六曜)とは歴に記載されている運勢の目安となるもので、大安・先勝・友引・先負・赤口・仏滅のことを指しており、それぞれに吉凶にまつわる意味を持ちます。
六輝は日本の風習と深い関わりがあり、結婚式などの儀式を行う日の決定に用いられるものです。

大安に結婚式をすることが多いのですが、大安は六輝の中で最も縁起が良い日とされることが理由となります。
これも験担ぎのひとつなのかもしれませんが、六輝それぞれを見ていくと、大安は「大いに安し」の意味があることから、結婚式や結納に適した日だと言われています。

次に縁起がいい日とされる友引は朝晩が吉、正午は凶となります。
本来は「何事も勝負がつかない日」を意味します。
しかし、その名前から「多くの友人に祝福される日」ともされていますので、結婚式の日取りを決める際に選ばれることが多いです。

先勝は「先んずればすなわち勝つ」の意味があることから、午前中は吉とされています。
反対に先負は「先んずればすなわち負ける」の意味があり、午後からは吉とされています。

赤口は午前11時頃~午後1時頃という限られた時間のみ吉で、その日全体は凶の日とされますので、結婚式の日取りを考える際は除外されることが多いです。
仏滅は「仏も滅する」という意味があることから、結婚式はできるだけ避けたほうが良い日として知られています。


結婚式に用いる「縁起物」とは?

結婚式では具体的にどのようなものを用意すれば良い?


鯛は縁起物のひとつで、鯛料理はお祝い事の席で目にすることの多い料理のひとつです
「おめでたい」という言葉に「たい」という言葉が含まれていることや、その体の色が縁起の良い「赤」だからということから縁起物として扱われるようになりました。

「箸」
箸は、日本文化を象徴する道具であり、縁起物の一つです。
幸せのかけ橋という言葉の中に「はし」という言葉が使われていることから、箸には「幸せをつなぐ」という意味が込められています。
お祝いに箸を贈るのも吉で、結婚式のお祝いに桜の木で作られた箸を贈ると、安産になるという験担ぎもあります。

日本には数多くの験担ぎがあり、それぞれ「願い」が込められています
結婚式をより素晴らしい一日にするためにも、いくつか覚えておくことをオススメします。

モバイルサイト  動画 men