このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>スムーズなプラン組みを! 結婚式までのスケジュールを考えよう

スムーズなプラン組みを! 結婚式までのスケジュールを考えよう

スムーズなプラン組みを! 結婚式までのスケジュールを考えよう

感動のプロポーズが終わってお互いの結婚の意思が決まったら、いよいよ結婚生活を始めための準備に入ります。
順風満帆な結婚生活をスタートさせるためには、まずは結婚式を成功させることが重要なポイントに。

余裕をもって結婚式を挙げるためには、どのようなスケジュールを立てるといいのでしょうか?
幸せいっぱいの結婚式を成功させるために知っておきたいスケジュールの立て方をご紹介いたします。

結婚式の8~10か月前「両家へのあいさつ」

結婚式の8~10か月前には、両家の親に結婚の挨拶を済ませましょう。
まずは花嫁の両親へ、次に新郎の両親へ挨拶をするのが一般的なマナーとされています。
また、この頃からどんな結婚式がしたいか、2人でイメージを固めておくといいでしょう。


結婚式の6~8か月前「両家顔合わせ」「結納」

結婚式の6~8か月前には、両家の顔合わせを行います。
両家の顔合わせを実現するためには、互いの予定を合わせなければなりません。スムーズに顔合わせを行うためにも、余裕をもってアポイントを取っておきましょう。

また、このときに必要になる結納品や婚約指輪も準備しておく必要があります。
合わせて結婚式場のピックアップも始め、ブライダルフェアに参加するなど式場探しもはじめましょう。

結婚式の3~6か月前「式場の予約」「結婚式の打ち合わせ」

結婚式の3~6か月前には式場を確定させ予約を済まし、結婚式に招待するゲストのリストアップを始めます。
これと並行して、新郎新婦の衣裳選びやゲストをおもてなしする料理選び、結婚指輪の準備など、結婚式に関する準備へと具体的に動いていきましょう。

新婦がブライダルエステを始めるのも、このくらいの時期がベストです。

結婚式の2~3か月前「招待状の発送」「二次会の準備」

結婚式の2~3か月前には、招きたいゲストへ招待状を発送します。
遠方からゲストを呼ぶ場合、宿泊用のホテルなどの手配もきちんとしておきましょう。

それから、披露宴のプログラムやBGMの選定、引き出物選び、ペーパーアイテム選びもこの時期にしておかなくてはいけません。
二次会を開催する場合は、二次会の会場選びや幹事への依頼も忘れずに。

結婚式の1か月前「引き出物発注」「詳細の打ち合わせ」

結婚式の1か月前には出欠の人数を確定し、料理や引き出物、ペーパーアイテムなどの数を決めて発注します。
もし、会場の飾りつけやお見送りのときに渡すプチギフトなど、自分たちで作るものがあればその準備もラストパート。
見落としの無いようにしっかりとチェックしましょう。

また、当日進行を務めてくれる司会者との原稿確認や流れの打ち合わせもしておきます。

結婚式の前日「当日に向けて体を休める」

結婚式の前日「当日に向けて体を休める」

当日、穏やかな気持ちで晴れの日を迎えられるよう、早めに就寝してゆっくり体を休めましょう。
朝を迎えてからバタバタとすることのないように、持ち物や衣装の最終確認をしておくと安心です。
結婚式を迎えるまでには、これだけたくさんのやらなければならないことがあります。

余裕をもってスケジュールを組み、準備を進めれば満足のいく結婚式に仕上げることができるでしょう。
早め早めの準備を心掛けて、穏やかに結婚生活のスタートをきってくださいね。

モバイルサイト  動画 men