このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>結婚式の主役は新婦だけじゃない! 新郎の小物選びのポイント

意外なことにも注意が必要? 先輩夫婦に聞く結婚指輪の失敗談

意外なことにも注意が必要? 先輩夫婦に聞く結婚指輪の失敗談

結婚指輪は、夫婦の愛が込められた大切なものです。
一生身に着けるものだからこそ、結婚指輪選びには悩んでしまう方がほとんど。
デザインや着け心地、価格など重視すべき点はたくさんあり、何を1番優先しようかと決めるだけでも一苦労ですよね。

このような場合、先輩夫婦の実際の声を参考にすると良いかもしれませんよ。
ここでは、先輩夫婦の結婚指輪の失敗談を交えながら、結婚指輪の選び方のポイントをご紹介していきます。

若いからこそ似合う指輪を選んで後悔

ファッションやアクセサリーの好みは、年齢とともに変化します。
日常のオシャレにそのときの好みやトレンドを取り入れるのであれば問題はありませんが、結婚指輪をそのときの気分や流行りなどで決めてしまうと、年を重ねたときに後悔してしまうこともあるようです。
中には、「歳をとったせいなのか、結婚指輪のデザインが若過ぎると感じているという声もあるほど。

若者向けのジュエリーブランドの指輪は、20代や30代といった若い頃には似合うかもしれませんが、時が経ったときにその指輪が似合わなくなってしまうかもしれません。
このような声を参考にすると、年齢に関係なく身に着けることができるような飽きのこないデザインの結婚指輪を選ぶことが1つのポイントとなることが分かります。


凝ったデザインの指輪を選んで後悔

白無垢と合わせたい、個性豊かな和装リングピロー

結婚指輪にはシンプルなものから凝ったものまで、さまざまなデザインのものがあります。
最近ではペアリングであっても男女では少しデザインが異なる結婚指輪を選ぶカップルも増えており、女性用の指輪のデザインの中には、オシャレで凝ったものがあります。

実用性よりもデザイン性を重視して指輪を購入した方の意見として、「エタニティタイプの指輪にして後悔。留め金の部分に汚れが溜まるのが気になって、今では指輪をつけていない というものも。
見た目も華やかで上品なデザインの指輪を取るか、または日常生活を送りやすいシンプルなデザインの指輪を取るか、自分の中でよく吟味することが大切です。

当時の流行に合わせて指輪を選んで後悔

カフスを選ぶときのポイント

時代によって、流行のブランドやデザインにも大きな違いがあります。
有名人が愛用しているブランドということで、一気に人気が高まることもありますよね。
流行は、時代の変化によって移り変わるものですが、中にはそのブランドの魅力に惹かれて結婚指輪を選ぶ方もいるようです。
その後、指輪に対して、気持ちの変化などがあるのでしょうか。

「好きな芸能人が着けていた当時流行のブランド指輪。
トレンドも意識してその指輪を結婚指輪にしたが、今では後悔している

流行だけを考えて結婚指輪を選んでしまうと、年齢を重ねていくうちに、違和感を覚えるようになるかもしれません。
流行に左右されずに、自分のお気に入りなものを選ぶことが大切です。

結婚指輪は生涯を共にする夫婦の宝物です。
何年経っても素敵と思えるような指輪を選ぶためにも、しっかりと吟味をして運命の出会いを掴みとりましょう。

モバイルサイト  動画 men