このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>結婚式の主役は新婦だけじゃない! 新郎の小物選びのポイント

結婚式の主役は新婦だけじゃない! 新郎の小物選びのポイント

結婚式の主役は新婦だけじゃない! 新郎の小物選びのポイント

結婚式というと、純白のドレスを身に纏った花嫁にゲストの注目が向きがちになります。
ウェディングドレスやベール、ブーケなど花嫁が身に着けているドレスやアイテムは華やかなものが多く、確かに目を引きますよね。

しかし、結婚式の主役はあくまでも新郎と新婦の2人。
新郎がより魅力的に装うことで、さらに記念に残る素敵な結婚式になることでしょう。

そこで今回は、結婚式をオシャレに盛り上げるためにも、新郎が着るタキシードに合わせる小物選びのポイントをご紹介していきます。

「シャツ」を選ぶときのポイント

タキシードなどのフォーマルウェアをよりオシャレに着こなすならば「シャツ」のチョイスにいつもと差をつけるのがポイントです。
中でもとくにオススメなのが「ウィングカラー」のシャツ。

ウィングカラーはビジネスシーンなどでも着られている一般的なシャツと違って、襟先が鳥の羽のような形に折れているデザインとなっており、タキシードとの相性も抜群。
クールな紳士の雰囲気が漂います。


「タイ」を選ぶときのポイント

タキシードを着たときの印象を決める、大切な役割を持っているのが「タイ」です。
タキシードに最適なタイには、アスコットタイや蝶ネクタイがありますが、礼装に適しているのは「黒の蝶ネクタイ」。

首元に黒の蝶ネクタイをもってくることでグッと引き締まりが出て、タキシード姿が決まりやすくなります。
また、アスコットタイには、黒に限らずさまざまな種類がありますが、白のタキシードの場合には白を選んだり、ほかの小物の色にあわせてパステルカラーを選ぶ方もいるようです。

タイによって、タキシードを着たときの印象が変わるので、お色直し時にはタキシードに合わせて色ものや柄のものを選ぶのも良いでしょう。

「チーフ」を選ぶときのポイント

「チーフ」は、新郎がタキシードを着たときの大切な小物の1つです。
ポケットからさり気なくのぞくチーフによって、タキシードを着たときの雰囲気が変わります。
タキシードの色によってチーフの選び方が違ってきますが、黒のタキシードを着る場合には、白や銀色のチーフを選ぶと良いでしょう。

また、光沢がある素材のほうが上品にまとまるので、チーフの素材はシルクが最適です。
白のタキシードを選んだ場合などは、タイの色と同じ色のチーフを選ぶようにすると、全体的な色のバランスが良くなります。
たとえば、パステルカラーのアスコットタイを選んだのであれば、それに合わせてチーフも同じ色にすると良いでしょう。

カフスを選ぶときのポイント

カフスを選ぶときのポイント

シャツの袖をとめる役割を持つ「カフス」も忘れてはいけないポイント。
カフスにはさまざまなデザインがあり、シャツを着たときのお洒落なアクセントとなってくれますが、結婚式の礼装にあわせてカフスを選ぶ場合、基本的なルールをおさえておく必要があります。

昼間に行われる結婚式の場合、台座がシルバーかゴールドの白蝶貝のカフスを選びます。
また、最近トレンドとなっている夜の結婚式の場合、黒蝶貝のカフスを選びましょう。
しかし、カジュアルな雰囲気の結婚式であれば、シルバーやゴールドなどのデザイン性の高いカフスを取り入れるのもオススメです。

結婚式で着るタキシードに合わせる小物には、基本的なルールがあります。
マナー違反とならないように気をつけながら新婦にも負けないオシャレをして結婚式に臨みたいものです。
新郎が服装にこだわれば、新婦をさらに輝かせて見せることができます。

スタイリッシュな新郎を目指して、タキシードの小物選びには気をつかっていきましょう。

モバイルサイト  動画 men