このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>クリスチャンの本格的な結婚式、その内容とは?

クリスチャンの本格的な結婚式、その内容とは?

クリスチャンの本格的な結婚式、その内容とは?

日本で行われる結婚式は、日本式の「神前式」やキリスト教式の「教会式」のどちらかが選択されるケースがほとんどです。

日本ではキリスト教徒は人口の1%ほどと少数ですが、信仰とは関係なくても、美しい純白のウェディングドレスや色鮮やかなステンドグラスのある教会での挙式に憧れる方は多いもの。
キリスト教式の「教会式」を選択するカップルは非常に多くみられます。

しかし日本で行われる「教会式」はキリスト教徒の結婚式を模したものであり、実際のクリスチャンの行う結婚式とは異なる部分も多く見られます。
そこで今回は、クリスチャンが行う本格的な「キリスト教式」の結婚式について紹介していきます。

本格的なキリスト教徒の行う結婚式と日本の「教会式」の違いとは?

日本で行われる一般的な教会式は本物の教会や聖堂ではなく、結婚式のためだけに作られた「教会堂風の施設」で執り行われます。
この結婚式用の教会はキリスト教の宗教施設ではないため、キリスト教の信者ではない者でも気軽に結婚式を行うことができるというのがポイントです。

また、その様式も「カトリック」と「プロテスタント」の宗派を混同していることが多くなっています。
それに対しクリスチャンが行う本格的なキリスト教の結婚式は、日常的にミサや礼拝が行われる教会(チャーチ)や聖堂などで行われます。
そして、キリスト教形式の結婚式は「カトリック式」と「プロテスタント式」に分かれているのが最大の特徴です。

それぞれの結婚式の特徴を見ていきましょう。


カトリック形式の結婚式

カトリックの結婚式は「神父様」と呼ばれる司祭により挙式が行われます。
カトリック系のキリスト教徒にとって、結婚式は社会的な契約の儀式である以上に「信仰に基づく2人の愛の同意」という宗教的にも重要な意味を持つ儀式のひとつ。
そのため各国のカトリック教会では、信徒以外の結婚式は許されていません。

ただ日本のカトリック教会では、結婚する2人のどちらかもしくは双方がカトリック信者ではない場合でも、教会で一定期間「結婚講座」への出席を行うことで挙式を行うことができる場合もあります。
この結婚講座ではキリスト教の知識や、作法・結婚の意味、夫婦のあり方などを勉強し、およそ3ヶ月前後の期間講義を受ける必要があります。

また、カトリックの結婚式では、バージンロードは赤か緑のどちらかにしなければならないため「真っ白なバージンロード」などの希望をすることはできません。
さらに、再婚者の結婚に厳しく「死別」以外の理由での離婚理由がある場合は、結婚式は行うことができないという点にも注意が必要です。

プロテスタント形式の結婚式

理想の花嫁姿に! かわいく見せるおすすめの花冠5種

プロテスタントの結婚式は「牧師先生」と呼ばれる司祭によって執り行われます。
カトリックの結婚式と内容や進行はそれほど変わりませんが、バージンロードはカトリックとは違い「白」を使います。

キリスト教式の信者ではない方が結婚式を行う場合に必要になる「結婚講座」についても、教会によっては受講が必要でない場合もあり、カトリックよりも比較的挙式への制約は寛容に設定されているのが特徴です。
また、プロテスタントでは「死別」でない離婚を経験した場合であっても、理由によっては再婚の結婚式が行えるケースもあります。

本格的なクリスチャンの結婚式は、宗教的な儀式の意味合いが強く非常に特別なもの。
もしも本格的なキリスト教式の結婚式を行いたい場合には、その宗派の考え方や思想をよく理解し勉強する必要があります。

興味がある場合は、教会の牧師先生や神父様に相談し一度話を伺ってみると良いでしょう。

モバイルサイト  動画 men