このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>楽しい思い出の残る結婚式を挙げるための「花粉対策」

楽しい思い出の残る結婚式を挙げるための「花粉対策」

楽しい思い出の残る結婚式を挙げるための「花粉対策」

気候のいい季節に結婚式を挙げたいと考えるカップルは多いことでしょう。

多くの種類の花が咲き、華やかな「春」を選んで、結婚式や披露宴を行うという方も中にはいるかもしれませんね。
しかし、そんな幸せいっぱいな時期を台無しにしてしまうかもしれないものが「花粉症」です。

大事な結婚式を「花粉」に邪魔されないために行いたい、結婚式での花粉対策をご紹介します。

「花粉症」にならないためにできること

花粉症は発症してしまうと、涙や鼻水がとまらなくなったり、頭皮や目の周囲がかゆくなったりといった症状に悩まされます。
結婚式のような大事なイベントを控えている場合には、花粉症にならないための対策をしっかりと行う必要があります。

花粉症にならないために重要なことは、花粉からの防御です。
花粉が多く飛散している場所には行かないように心掛けたり、花粉症ではない方でもマスクで花粉を防御したりすることはとても大切。
人間の体は大量の花粉に出会う程、体の中で抗体となる物質を作りやすくなります。

外出時にマスクを使用すると、吸い込む花粉の量が「3分の1~6分の1程度に減少する」といわれていて、肌と生地の間に隙間ができにくいタイプのマスクを使用すればより高い防御効果が期待できます。


花粉症の症状を緩和するためには?

もし、花粉症の疑いがあるなら迷わず専門医を受診しましょう。
花粉症の症状は人によって異なります。病院で処方してもらった薬によって、まったく問題なく日常生活を送れるという程度まで緩和できる可能性はゼロではありません。
花粉症だと診断されたら、処方された点眼薬や内服薬は医師の指示に従って飲み続けることが大切です。

すでに花粉症の症状が出てしまっているという場合にも、花粉からの防御は大切です。
外出時にはマスクやサングラスをし、女性の場合はダウンヘアよりもまとめ髪をすることで花粉が付着する量を減少させることができます。
粘膜に付着した花粉を洗い流すことができ、風邪やインフルエンザの予防にもなるため手洗いやうがいは欠かせません。

症状を緩和するためには室内に花粉を持ち込まないことが大切なため、外出先から帰った際はできれば玄関の扉の前でコートを脱いで裏返してから室内へ持ち込みましょう。

結婚式の会場選びには要注意!

結婚式の会場選びには要注意!

花粉が飛散する季節に花粉症の方が屋外で結婚式を挙げることは大変なことです。
しかし、温かい気候の中、美しい庭でのガーデンウェディングを希望しているという方もいるかもしれませんね。

症状が軽度であれば、あらかじめ薬を服用しておくことで結婚式の間だけしのぐことが可能かもしれませんが、招待客に重度の花粉症の方がいる場合には参加してもらうことが難しい場合もあります。

たとえ室内での挙式や披露宴であっても、花粉症対策を怠ると目は充血し鼻はむずむずしっぱなしという悲しい状況を招く場合もあるので注意が必要です。
披露宴会場が室内なら、空気清浄器を持ち込んで設置できないか相談することもひとつの方法。

信頼できる医師に相談し、症状に合う花粉症の薬を処方してもらうことが花粉の季節を乗り切るために有効だと考えられます。
人生において一大イベントである「結婚式」。そんな大切な場面を「花粉」によって台無しにされたら、たまったものではありません。

しっかりと花粉対策をとって、素敵な結婚式を実現させてくださいね。

モバイルサイト  動画 men