このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>結婚指輪の交換って「神前式」の場合もあるの?

結婚指輪の交換って「神前式」の場合もあるの?

結婚指輪の交換って「神前式」の場合もあるの?

近年、神殿が設けられているホテルや結婚式場も増えたこともあり、日本の伝統的な結婚式スタイルである「神前式」の人気が高まっています。

神前式もいいかなと考えるカップルの多くが感じる疑問の一つに、「神前式でも指輪の交換はするの?」というものがあるようです。

たしかに結婚指輪の交換と言えば、教会でウエディングドレスを着た花嫁の白い指に新郎が結婚指輪をはめるイメージが一般的かもしれません。
和装で行う神前式でも指輪の交換はするのでしょうか?

神前式でも指輪の交換は行うのが一般的

キリスト教の儀式と思われがちな指輪の交換ですが、実際は宗教儀式とはあまり関係がないとされています
一般的には、神前式でも結婚指輪の交換は行われることが多いようです。

ただし指輪の交換をしなければ結婚が成立しないわけではなく、必ずしも挙式の中で行う必要はありません。
披露宴の演出に加えるという場合もあるようです。

結婚後長く身につけることになる結婚指輪ですから、一生の思い出となる形で指輪の交換を行いたいですね。


神前式の指輪の交換のタイミングは?

結婚指輪はやっぱりシンプルなものがベター?

神前式の一般的な挙式の流れをご説明します。
まずは新郎新婦の入場。

それから斎主のお祓い、お祷り。
新郎新婦が三々九度の杯で御神酒を交わして永遠の契りを交わします。
神前式でのメインになる場面ですね。

その後、新郎新婦が神前で誓いの言葉を読み上げ、玉串を捧げます。
仲人や親族の代表者も続いて玉串を捧げます。

ここでいよいよ結婚指輪の交換となります。
教会との違いは誓いのキスがないことくらいでしょうか。

その後、巫女による神楽の舞、両家の親族が御神酒を頂く、斎主のあいさつなどで式が終了します。

神前式だからこそこだわりたいウエディングピロー

ウエディングピローとは欧米の習慣で、指輪の交換をするときに結婚指輪を置いておくためのクッションです。

指輪が二つ乗る程度の小さなクッションなので式場で準備されたものをレンタルしても良いのですが、せっかく神前式を挙げるのであれば、 和風にこだわったものを準備すると素敵ですね。
花嫁自身が手作りをするのも良いですが、お友達やお母さまからプレゼントするのも良いでしょう。

結婚式に使ったウエディングピローを赤ちゃんのファーストピローに使うと幸せと健康に恵まれるという逸話もあります。
新居でのアクセサリー置き場や小物入れとして活用しても良いですね。

モバイルサイト  動画 men