このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>【現実的な意見も】 「ペアじゃない結婚指輪」を選ぶ理由とは

【現実的な意見も】 「ペアじゃない結婚指輪」を選ぶ理由とは



今、結婚指輪をペアにしないカップルが急増中です。

少し前なら、結婚指輪はかならずペアで購入し、お揃いのものをつけていましたよね!
では、なぜそのような事情に変わりつつあるのでしょうか?

今回は、「自由な結婚指輪選びはアリ?ナシ?」をお話しします。

ペアじゃない理由!それは男性のお財布事情にあり!


不景気のあおりを受け、結婚資金をなかなか貯める事の出来ないカップルが増えています。
お金が無く、結婚式を挙げないカップルも多い昨今、結婚指輪もできるだけリーズナブルに済ませようと考えているカップルも少なくありません。
婚約指輪や、結婚指輪は、男性が購入する事が多いもの。

しかし、結婚指輪の平均価格はペアで20万円くらいが相場なのだそうです。
結婚式をするカップルなら、式の料金だけでも100万円以上は貯めなくてはなりません。

そして、そこにプラス20万円の出費は正直辛い……と言う男性の本音もチラホラ聞かれます。
そのため、奥様になる彼女の分は、プラチナ台の高い指輪を購入しても、男性側は安く、デザインが似ていれば良いかと考える人も多いようです。

男性はすぐに無くしてしまうからという理由も


男性の仕事の中には、指輪をつけて行けない仕事も多くあります。
そのため、せっかく高いお金を出して、二人でお揃いの指輪を買ったとしても、着けられないこともあるのだそう。

また、付けていける職場であっても、手を洗う時にはずしたまま置いて来てしまったり、無くしてしまうこともありがちです。
その事を考えると、高い指輪を買っても意味が無いかもと購入を足踏みしてしまう男性もいるようです。

紛失してしまうリスクを考えると自分の物は適当で良いかもと考えてしまうのも、仕方ない事なのかもしれませんね。

デザイン重視のカップルは違う指輪を選ぶ事も


金銭面や失くしてしまうという理由以外にも、せっかく大切に使うのなら、自分の好きなデザインを選びたいと考えるカップルもいるようです。
全く違うデザインでも、内側に記念日や、お互いのイニシャルを入れる事で、自分たちの中でペア感が出ていれば全く問題が無いと考える人も多くいます。

また、結婚指輪は、プラチナでシンプルという考え自体が古いと言うカップルも。
好きなシルバーアクセサリーショップで、お互いに指輪をプレゼントし合うという、購入方法をしているカップルもいます
結婚指輪だからプラチナでお揃いという考え方が消えつつあり、自由に好きなものを選んで、2人の中で理解し合えればそれで良いと考えるカップルが増えているという事でしょう。

いかがでしたか?
結婚にまつわる小物は、好きな物を2人で考えて決めるのが本当の形なのかもしれません。
自由な結婚指輪選び、アリかナシかを選ぶのは、結婚指輪を購入するカップルの気持ち次第なのですね。

幸せな結婚に向けて、2人が満足できる準備をしていきましょう!





モバイルサイト  動画 men