このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>結婚指輪を輝かせる「刻印」の注意ポイントとオススメ文字

結婚指輪を輝かせる「刻印」の注意ポイントとオススメ文字




結婚の記念で、永遠の愛を表す結婚指輪。

近年では、2人だけの愛の証をよりかけがえのない物にしようと結婚指輪を購入した半数以上の方が刻印を入れるようです。
しかし、一度刻んだ文字を変更できませんので、失敗は許されません。

今回は結婚指輪に入れる刻印の注意ポイントと人気の刻印をご紹介します。


スペースの確保

結婚指輪と同様、夫婦の愛の証として挙げられる婚約指輪ですが、結婚指輪と比べると刻印を入れる方が少ないです。
婚約指輪は装飾性、デザイン性が強く、文字を入れ込むスペースがとれないことが原因となります。

結婚指輪は婚約指輪よりもシンプルなデザインが多いのですが、女性の指輪は幅が狭く、刻印スペースの確保が難しくなることも少なく ありません。

刻印を入れる場合、文字のスペースを意識して結婚指輪を選びましょう。






指輪持ち込みの注意点

結婚指輪を購入したお店以外で刻印を依頼するとお断りをされる場合があります。

出来る限り、購入したお店に依頼するのがベターですが、海外で購入した指輪などでは日程の都合などから刻印を依頼できないかもしれません。
その場合は刻印の専門店を探してみて下さい。

刻印機がある場合、一般の宝石店でも依頼が可能です。

海外製のリングを結婚指輪にした場合、日本製とは貴金属の特徴が異なることも多い ので、刻印の依頼をする前に確認する必要があります。


記念日の刻印が人気

2人だけの記念日を刻印するケースが多いです。

挙式日・入籍日などは記録が残っているため確認しやすいのですが、交際がスタートした日付は意外と忘れがち。
一方が覚えていて、一方が忘れていると言い争いの引き金ともなりかねないですし、せっかくの記念日は2人で思い出に浸るのが理想的ですよね。

「記念日の日付+2人のイニシャル」の刻印が人気ですので、参考にしてみて下さい。






文字例

納得のいく刻印が思い浮かばない場合、他の人たちがどのような文字を採用しているかチェックしてみましょう。
多いのが英語で愛を囁く言葉。
Forever Love(永遠の愛)With You(君と共に)といった刻印が人気です。
英語以外だとスペイン語で「絆」を表すLazo(ラソ)、イタリア語で「愛してる」の言葉となる「Ti amo」などがオススメ。

2人のイニシャルを入れる場合は、間に「to」を入れるのが定番。
Mさん(夫)とTさん(妻)の場合、旦那様が持つのはT to M、奥様が持つ場合はM to Tとしましょう。

イニシャルを用いるならば、スペースの都合から数文字しか入れられない場合でも、問題なく刻印ができます。

刻印してから失敗に気づいては遅すぎます。
宝物をより輝かせるために、準備に時間をかけて、慎重に事を進めて下さい。


モバイルサイト  動画 men