このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>いつ着ける? 結婚指輪にまつわる「タイミング」問題

いつ着ける? 結婚指輪にまつわる「タイミング」問題




結婚指輪のアレコレって難しいですよね。

画一的な答えがあるわけではないので、2人の正解を見つけなければなりません。
しかし、模範解答がないとなると「これで大丈夫かな」なんて心配が頭をよぎることも。

結婚指輪は一生もの。替えが利かない2人だけのリングですので、失敗だけはしたくないですよね。
特に「いつ購入すればいいのか」「いつから着け始めればいいのか」という悩みが多く挙がっています。

今回は結婚指輪のあらゆる「タイミング」についてまとめました。結婚を考えている方々はぜひ参考にしてください。



着用するタイミング



結婚指輪っていつから着用すれば良いかわからないものですよね。
場合によっては婚約指輪を所持していることもあり、さらに混乱してしまうかも。

一般的には挙式のタイミングで着用し始める方が多いようです。
結婚式での誓いや指輪交換を機に「夫婦」として同じ道を生きることとなるので、結婚生活を始める「区切り」を付けるためにも、意義のあるタイミングと言えるでしょう。

「入籍」のタイミングで結婚指輪を着け始めるご夫婦も少なくありません。
最近では結婚式を挙げない場合もあるので、挙式を催さない場合は入籍日が絶好の機会だと言えます。




購入は入念な準備を

結婚指輪は自分だけが着用するわけではありません。
夫婦2人でセットとなるのですから、お互いが満足できるデザインを選びましょう。
そのためには2人で数多くの結婚指輪候補をチェックし、お互いの価値観をすり合わせる必要があります。

ただし、結婚式を挙げるとなるとさまざまな準備や手続きをしなければなりません。
結婚式場を探し、ドレスの選択、招待状の送付などをこなしながら結婚指輪探しを同じタイミングで行うのは至難の業。
結婚指輪はセミオーダーが多いので作るのに時間がかかりますし、在庫切れなどの緊急事態も想定しておかなければなりません。

結婚式の指輪交換で結婚指輪を使うのが一般的であるため、出来るならば式までには手元に置いておきたいものです。
結婚式1カ月前には結婚指輪が届いていて、いつでも着用できる状態を作っておきましょう。




日々のメンテナンスで輝きを維持



毎日着用することが一般的な結婚指輪は傷や汚れがつきものですが、出来る限りキレイなままで着け続けたいですよね。
ダイヤは女性の憧れで、結婚指輪にもダイヤを使用したいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

しかしダイヤは他のジュエリーなどと比較して脂が付きやすいという性質を持っています。
脂によってホコリが付着してしまうと、輝きや魅力が半減してしまうでしょう。

対策として、1日の終わりに柔らかい布で指輪の脂を拭き取ることをオススメします。
ケアを怠り、脂による汚れがしつこい場合でも、中性洗剤などで洗浄することで脂を落とすことができるので試してみて下さい。
モバイルサイト  動画 men