このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>【婚約の記念アクセサリー】 結婚後の婚約指輪どうしてる?

【婚約の記念アクセサリー】 結婚後の婚約指輪どうしてる?




彼からのプロポーズと共に贈られた婚約指輪

今思い出してもあの時の感動は忘れられないものがありますよね。
彼との関係が恋人から夫婦になるきっかけとなった婚約指輪ですが、結婚後は結婚指輪に左手の薬指を奪われてしまい、
どのように扱えばいいかわからなくなることも。


実際みなさんは結婚後、婚約指輪をどうしているのでしょうか。



しまいっぱなし



基本的に婚約指輪は男性から女性に贈られる物で、着用するのは女性だけという場合がほとんどです。
一方の結婚指輪はペアで着けるものなので、夫婦の絆を確かめる上でも重要な役割を持ちます。

そうなるとどうしても結婚後は婚約指輪よりも結婚指輪を優先したいと考えがち。
また、結婚指輪と違い「記念品」としての意味合いの強い婚約指輪は立ち爪のものが多く、
すぐに引っかかってしまい、傷が付きやすいのも否めません。
宝石だけ取れてしまうことも。

2人の記念として大事に宝石箱に保管して、たまに取り出してみて思い出に浸る。
このような方が多いようです。




イベントの際に着用する



婚約指輪は非常に大事にしたいものですが、指輪としても活用しないともったいない。
だからといって、ずっと着けていては壊してしまうかもしれない。

そんな方々は結婚後、何かしらのイベント時のみ着用するようです。
招待された結婚式、パーティ、子どもの入学式、卒業式などが絶好の機会。

特に大切なイベントの時に婚約指輪を着用して、もっと多くの思い出を詰め込むのも良いでしょう。
婚約の記念と共に、2人あるいは家族の歴史を刻み込むことができます。




着用し続けている



婚約指輪と結婚指輪、どちらも旦那様の愛を感じられるアクセサリーですので、どちらかを優先するのは難しいと考えるのは自然なこと。
そのため、結婚後でも両方着け続けているという方は少なくありません。

結婚指輪を左手の薬指に、婚約指輪を右手の薬指に着ける。
あるいは、どちらも左手の薬指に着けている方もいらっしゃいます。

重ね付けする場合は立ち爪ではないデザインのほうが着用しやすいでしょう。
最近ではプロポーズ後に婚約指輪を2人で購入しにいくことも多いので、自分で選ぶ機会があれば、シンプルで重ね付けしやすいデザインのものを選ぶのがオススメです。
モバイルサイト  動画 men