【幸せなセレモニーのために】 結婚式の定番演出が持つ意味




結婚式を行う上で昔からの慣習、しきたりが非常に大切にされています。

そのため、結婚式の演出では定番のものが多いです。
中でもブーケトスライスシャワーなどは結婚式の大定番。

高確率で結婚式に採用される演出ですが、これらの演出の意味を知っていますか?
結婚式に参加する際に、定番演出が持つ意味を知っておくことで、結婚式をもっと楽しめるかもしれませんよ。



ウェディングブーケ




結婚式に花嫁が持つウェディングブーケ
これにはどのような意味が込められているか知っていますか?

語源は「花や素材を集める」という意味を表すフランス語「Bouquet」から。
ウェディングブーケでは「魔除けの色」とされている白が基本。
悪霊などから花嫁を守るためにウェディングブーケを持たせるようになりました。

ユリ・バラなどの白い花を使用したものが一般的。
ユリは聖母マリアを象徴する花で処女性を表し、白いバラは清純・純潔・相思相愛などを意味するため、 どちらも花嫁にうってつけです。




ブーケトス



花嫁が未婚の女性に向かってブーケを投げ、受け取った女性は次に結婚できるとされるブーケトス。
昔のヨーロッパでは、花嫁の幸せにあやかろうと、ドレスをひきちぎったりブーケの花をとっていこうとする
人が続出
しました。

そのため花嫁は「ブーケを投げて、ブーケに気が取られているうちに逃げる」という対応を行ったそうです。

いつしかこの行動が「幸せのおすそ分け」を意味することとなり、ブーケトスへと変わっていきました。

未婚の男性に幸せのおすそ分けをするために、 花嫁のガーターベルトを外して投げるガータートスという
イベントも人気です。

ライスシャワー・フラワーシャワー



結婚式終了後に、教会から外に出てくる新郎新婦にゲストがお米を振りかけるライスシャワー。

米は種もみ1粒で非常に多くの収穫ができることから、「恵み」と「子孫繁栄」の象徴として扱われています。
そのため、ライスシャワーは「子宝に恵まれること」「食に困らないこと」を願って行われるように。

フラワーシャワーは花の香りで周囲を清め、 新郎新婦を悪い運から守るという意味合いを持ち、こちらも人気の演出となっています。

しかし、後片付けの面倒さから、これらの演出を禁止している会場も。
最近ではゴミにならないシャボン玉を吹きかけるバブルシャワーも人気です。

もしも、これからの結婚式でライスシャワーなどを考えている方がいるのならば、式場に事前確認しておくことが無難でしょう。

パフォーマンス程度に考えられることも多い結婚式演出ですが、結婚式を挙げる当人たち、そして周囲の人たちの幸せを願ったものです。
気持ちを込めて演出を行うと、さらに感動が強まるのではないでしょうか。




モバイルサイト  動画 men