人気のデザインに注目!「結婚指輪」の理想とは?




結婚が決まった時、意外と迷う方が多いのが「結婚指輪の選び方」です。
デザインの好みは人それぞれ。

ある程度イメージを固めてからショップに選びに行ったけど、いざ実物を目の前にしてしまうと迷ってしまって決められない。
そんな意見がありました。

結婚指輪は、夫婦2人の「婚姻の証」です。
2人が揃って身に付けるものという性質上、シンプルなデザインが人気です。

シンプルだからこそ輝きを放つ「人気のデザイン」に、「理想」を学んでみませんか?



「日常的に身に付ける」ことを意識したデザイン




結婚指輪は、ウェディングセレモニーの中で新郎新婦が交換する儀礼があります。
そこからは日常的に身に付けるものですから、指なじみのよいデザインがおすすめです。

夫婦で全く同じデザインの物もありますが、2つ合わせてペアに見える工夫がなされているものが選ばれる傾向にあります。



■合わせることでモチーフが浮かび上がる


女性用には華奢なデザインを取り入れながらも、ペアのリングを合わせると「ハート」や「天使」「イニシャル」などの
モチーフが浮かび上がる
ものも人気があります。


■女性用のみワンポイントをあしらう


女性側のリングにだけ宝石を埋め込む方法があります。
この場合は、夫婦のリングにデザインの違いはほとんどありません。



2つとも宝石を取り入れる「隠れ華やか」が人気のデザイン



基本的にはシンプルですが、それじゃちょっと寂しいというお二人には「隠れ華やか」なデザインが選ばれています。

デザイン例としては、女性用リングには円形カットのダイヤを、男性用にはスクエアカットのダイヤを埋め込んで、
「ペア感」を出したものなどです。
縁取り細工などでアレンジができますので、「華やかさ」を隠して上品に演出するのも、豪奢に押し出すのも自由自在です。

ツタ模様などを取り入れるとカジュアルなデザインになります。


宝石を入れない「シンプルさが人気のデザイン」



宝石を入れないデザインを2つの種類に分けるとすると、こうなります。

タイプ1.クラシカルでシンプル
タイプ2.個性的でよく見ると豪華

クラシカルなタイプはもちろん、ベーシックなリングです。
しかし、昨今の「ベーシック」は、基本素材とも言えるリングのままでは放っておかないようです。

クラシカルながらも美しいアレンジには、プラチナのリングにミル打ちして、素材の美しさを極限まで高めた物などがあります。
一見シンプルなのに、よく見ると個性的で豪華なデザインには、外側にプラチナ内側にピンクゴールドを重ねて作られたリングなどがあります。


「結婚指輪の理想」とは

冒頭で申し上げましたが、「結婚指輪」はシンプルなものが人気です。
では、「理想」は「シンプル」であるのか、というと、少し違います。

「結婚指輪の理想」とは「シンプルさを損なわない個性」と言えそうです。
普段から身に付けやすいシンプルさを持ちながら、二人にとって特別である(個性)ものです。

もちろん選ぶ人によって理想は違いますが、どんな結婚指輪がいいか迷った時には、多くの方が理想としていることを
参考にしてみてはいかがでしょう。









モバイルサイト  動画 men