婚約指輪を準備するタイミング




結婚を意識し始めたら、男性が考え始めるのが女性に贈る婚約指輪の事。
婚約指輪を贈るタイミングはカップルによって違いがあります

よくドラマなどである、指輪をサプライズでプレゼントしプロポーズするというものの他にも、両家の結納や婚約パーティーの際に贈るというカップルもいます。
婚約指輪のデザインにもこだわりたい女性の場合は一緒にお店まで行き、彼女が選ぶというカップルもいます。

どのタイミングに渡すかをまず考え、その日にあわせて婚約指輪を準備しましょう。
女性の指のサイズにあわせてサイズ調整をしたり、店舗に希望のサイズがない場合は取り寄せになったりする場合もありますので、
最低でも1ヶ月くらいは余裕を持ちましょう。

オーダーリングなどは更に時間がかかりますので、こだわりの婚約指輪を贈りたい場合は3ヶ月くらい前にはお店に足を運びましょう。



【婚約指輪】相場はどのくらい?




以前は「給料の3ヶ月分」などと言われていた婚約指輪の価格ですが、実際の所婚約指輪にかける費用はカップルによって様々です。
最近の相場では30万円前後になっており、20~40万円くらいを目安にしている男性が多いようです。

それ以前に婚約指輪を贈らなかったという男性も多く、その代わりに時計やアクセサリーなど彼女の希望にあわせたプレゼントを
贈ったという場合も多いようです。

また、婚約指輪の材質や石の種類については特別これでなくては、という決まりはありません。
しかし、婚約指輪を贈った男性の9割以上がダイヤモンドを選んでいます。

大きさ的には0.3カラット前後が人気となっているようです。



結婚指輪はいつまでに必要?

婚約指輪は贈らないカップルもいますが、結婚指輪は永遠の愛を誓った証として男女共に長くはめる指輪なので
購入しないカップルはまずいません。
結婚指輪は結婚式の時に新郎新婦が儀式としてお互いの薬指にはめ合う指輪です。

ですので、当然ながら結婚式当日までには絶対に必要になります。
式の予定がたっていない場合や式をする予定がないカップルの場合は、入籍した日に結婚指輪を交わす事が多いようです。

結婚指輪も婚約指輪と同様、オーダー作成には3ヶ月近くかかる場合もあります。
既成品でも1ヶ月はみておきましょう。
結婚指輪に関しては、しっかり余裕を持って探し始めるカップルが多く、平均して挙式の7.5ヶ月前から探し始めているというデータもあります。
挙式3ヶ月前くらいになると挙式の準備などで忙しくなるので、結婚指輪はその前に決めておきたいという思いがあるようです。



【結婚指輪】相場はどのくらい?

最近の結婚指輪の購入価格の相場は二人分で約21万円
以前はシンプルなデザインのものが主流でしたが、近年では結婚指輪にもこだわるカップルが多くなり相場も増加傾向にあるようです。

結婚指輪に関してはブランドや宝石をいれるかいれないか等で値段に結構な差があります。
結婚指輪の裏側に宝石を入れるシークレットストーンや、男性のリングと形状は同じにして女性の方だけ宝石をあしらうような結婚指輪も人気になっています。

そういったデザインを選ばれる場合の価格相場を把握したい場合は、リングショップのインターネットサイトで気に入ったデザインに近いものを探し、
価格を参考にすると便利です。




モバイルサイト  動画 men