コンプレックス解消! 悩み別・指輪の選び方




指輪を好んで着用する女性はたくさんいらっしゃいますが、自分に似合う指輪を選ぶことが出来ている人は一握りです。

「指の形を考えると似合う指輪がない」と悩んでいる女性も多いのですが、どんな指にも似合う指輪は存在します。

今回は指輪を選ぶ時のポイントをご紹介いたします。
男性の方にとっても彼女のプレゼントを選ぶ時の参考になるはずなので、ぜひ目を通してみてください。



指が太い方

太い指に合わせる際にNGなのが細身の指輪。
指の太さが際立つのでコンプレックスが大きくなってしまうかもしれません。
逆に、ボリュームのある指輪でもよく似合うのが太い指の良いところです。

細い指だと指輪のインパクトに負けてしまうかもしれませんが、太めの指ならば心配無用でしょう。


指が短い方

たしかに指が長いほうがあらゆるデザインの指輪が似合うので、コンプレックスを感じている方がいらっしゃるかも
しれません。
そういった悩みはV字ラインの指輪を選ぶことで解決しましょう。

V字デザインの指輪は指を長く見せる効果があるのです。
V字が苦手だという方は同様の効果に期待できるU字タイプの指輪を選ぶと良いでしょう。




指関節が太い方


関節が太いというコンプレックスもまた多いのではないでしょうか。
この関節が太い方は着用感で悩みがちです。太い関節を通すために大きめのリングを着用しなければ
ならないのですが、 指の根元付近は関節と比べて細いので、根本で指輪が回ってしまいます。

このタイプの方はシンプルなリング全体にデザインが施されているリング の着用を推奨します。
ワンポイントの指輪だとくるくる回った時に目立ってしまいますし、違和感が強くなってしまいます。
回った時にも自然に見える指輪を選ぶことをオススメします。




色黒の方

健康的な肌にはゴールド素材の指輪が似合うとされています。

ゴールドなどの黄色味がかっている指輪だと肌色と良くなじむので自然な印象を与えることが出来ます。
ゴールド素材の指輪はどんな石とも合わせられるので、選択肢も広がり、アクセサリーを選ぶのが楽しくなること
請け合いです。




色白の方



肌の色が白い方にはブルーダイヤなどの青味がかった石のついた指輪が良いでしょう。
こういった色合いの石は白い肌を際立たせるので、美白アピールにも有効です。
逆にゴールドなどの色合いは、肌と指輪の良さを打ち消し合ってしまうので気を付けましょう。

アクセサリーはそれだけに価値があるものも多いのですが、それ以上に「個人の美しさを引き立たせる」という
効果があります。
自分に似合うアクセサリーを選ぶことでコンプレックスも個性に変わりますし、自信に繋がります。

指輪選びでお悩みの方の参考になれば幸いです。
モバイルサイト  動画 men