「ジューン・ブライド」って結局なに? 由来の3つの説




女性の憧れで、生涯で最も大きなイベントとも言える「結婚」

花嫁として美しいドレスに身を包んで祝福を受けることが、女性にとって幸せの1つの形とされています。
そのため、結婚式はこだわりが強くなってしまうもの。
結婚式を行う時期についてもこだわる女性が多いでしょう。

特に6月はジューン・ブライド(6月の花嫁)と呼ばれ、結婚に最適な時期です。
しかし「なぜ結婚にふさわしい時期なのか」「なぜジューン・ブライドと呼ばれるようになったのか」を理解 している人は少ないでしょう。

今回はジューン・ブライドの由来を紹介します。















●「Juno」説




発祥はヨーロッパですから、ヨーロッパの歴史や言い伝えに由来があると考えるのが妥当と
言えるでしょう。

ローマ神話の主神ユーピテルの妻であり、最高位の女神でもある「Juno(ユーノー)」
Junoは「結婚」「家族」の守護女神で、彼女を讃えるために6月が捧げられました。

6月は結婚の女神が祀られた時期であるため、この月に生まれた花嫁はJunoによって
幸せな結婚生活が送れるとされています。
それがいつしか「ジューン・ブライド」と呼ばれるようになっていったというわけです。

現在あるジューン・ブライドの由来の中では最も有力な説。








●「繁忙期」説


封建時代のヨーロッパにおいて、3~5月の3ヵ月は農作物の収穫期。

この時期に結婚をすると収穫における労働力を奪われる可能性があるので、
3ヵ月は結婚が禁止されていました。
6月は結婚が解禁される月で、一斉に結婚するカップルがたくさんいたそうです。
周囲の人たちからも祝福が多く、幸せな時間を味わうことができます。

「6月の花嫁は幸せそうだ」ということで、ジューン・ブライドが広まったという説も信憑性が高い説でしょう。




●「季節」説



歴史や伝説よりも、最も結婚に適当な時期が6月であったということも考えられます。
ヨーロッパにおいて、1年を通して降雨量が最も少ない月は6月です。
全体的に天気が良く、若者の季節ともされています。

結婚式を挙げる際には、できることならば天気の良い日にウエディングドレスを纏いたいと考えるでしょう。

ウエディングドレスと雨も趣深いものがありますが、真っ白なドレスを着るのですから太陽の光をいっぱいに
浴びたいですよね。
花嫁の考え方は今も昔も大きな差異はありません。
他の2つの説と比べると合理性の高い話ですから納得できる説です。

日本とヨーロッパでは伝統や気候が大きく異なるので、必ずしもジューン・ブライドが適した時期であるとは言えません。
しかし、数多くのカップルがジューン・ブライドを夢見て、6月に幸せな結婚を果たしてい るのも事実

挙式を予定している、計画している方々はぜひジューン・ブライドを検討してみて下さい。
モバイルサイト  動画 men