結婚指輪の意味:素材

いまの日本では、結婚指輪はプラチナ製というのがポピュラーですね。
古代ローマでは男女で結婚指輪を交換し合ったという説もあります。

女性から男性には鉄の指輪、男性から女性には金の指輪を贈ったと言われます。
日本ではプラチナ製が好まれているのは腐食や変色に強いという理由もあり、これには変わりにくい素材に「永遠」の意味を
重ねる
という理由が含まれています。



モバイルサイト  動画 men