このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ>>ウエディングブログ>>妊娠中に結婚指輪を買う際に注意したいポイントとは?

妊娠中に結婚指輪を買う際に注意したいポイントとは?


妊娠中に結婚指輪を買う際に注意したいポイントとは?




妊娠を機に結婚に至る「おめでた婚」は、「ダブルハッピー婚」と呼ばれるほど2人にとって幸せあふれるもの。
妊娠中に結婚式を挙げるカップルも多く、マタニティ婚限定プランやおめでた婚割引などが設定されている結婚式場も多くなっていますよね。
しかし妊娠中には体型の変化やむくみが起きやすくなるため、婚約指輪や結婚指輪を購入する際には注意が必要な点もあります。
今回は妊娠中の結婚指輪購入で気をつけたい注意点などについて紹介していきます。

1.アフターサービスの内容をチェックする

妊娠中は体型の変化やむくみにより、指のサイズが変わりやすくなっています。
そのため妊娠中に結婚指輪を決めると、出産後にサイズが合わず着けることができなくなってしまったり、産後に意図せず指輪が外れて紛失してしまうなどのトラブルが起こる可能性も。
しかし産後の指のサイズ変更を意識し、あえて小さめのサイズの結婚指輪を購入すると、せっかく用意した結婚指輪を結婚式で使うことができなくなってしまいます。

妊娠中に結婚指輪を購入する場合には、出産後指輪のサイズ直しを行ってくれるショップを選ぶことが大切なポイント。
指輪の交換やクリーニングなど、他のアフターサービス内容も併せて確認しておくとより安心ですね。

ただ指輪の素材やデザインによりサイズ交換が行えないようなケースもあるので、購入の前にしっかりと確認を行うようにしましょう。


2.サイズ直しが可能な保証期間や回数を確認する

サイズ直しができる保証期間や回数は、お店やブランドにより大きく異なります。
1年以内に1回のみしかサイズ直しができないブランドも多く、それ以外の時期のサイズ直しには別途料金がかかってしまうことも。
1年以内にサイズ直しに行ける場合には問題ありませんが、心配な場合には保証期間が2〜3年程度に設定されているブランドを選ぶのもオススメです。

中には生涯無料や永久保証・サイズ直しの回数にも制限が無いなどのブランドもあるので、たくさんのブランドを比較してみても良いでしょう。


3.産後に購入する方法もオススメ

3.産後に購入する方法もオススメ

結婚式を挙げないカップルや、妊娠中体調が優れずショップに出かけるのが難しい方、出産後に指輪のサイズ直しが面倒と感じる場合には、結婚指輪を産後に購入するという方法が良いかもしれません。
妊娠中は無理をすることができませんし、入院や新生児の準備・通院などで忙しい場合も多いので、産後にゆっくり時間を作って結婚指輪を選ぶことはオススメです。
妊娠中に結婚指輪のデザインや素材を考えて、産後にショップへ足を運ぶのを楽しみにマタニティライフを過ごすのもいいですね。

2人にとって喜ばしい妊娠と結婚ですが、妊娠中に結婚指輪を購入する際には注意が必要点も多いもの。
注意したいポイントを踏まえて結婚指輪のブランドや購入時期などを考え、2人に合った結婚指輪を探してみてくださいね。


モバイルサイト  動画 men