news

1月の誕生石 ガーネット

2022.12.28

birth_stone01

つくばエクスプレスで

茨城県つくば市研究学園駅下車徒歩3分にある、

エンゲージリング(婚約指輪)マリッジリング(結婚指輪)専門店の

ハート&アイつくばです。

 

 

今回は、1月の誕生石ガーネットをご案内いたします。

ガーネットという名前は、共通点である赤い色の(ザクロ)と言う意味を持つ中世のラテン語を主に由来します。

ガーネットは、宝石や研磨材として青銅器時代から使用されてきました。

赤いガーネットがちりばめられた、ネックレスを、古代エジプトのファラオが着用していました。

古代ローマの印章指輪やは、重要な書類の封蝋のために使用された。

ガーネットのインタリオが特徴です。

 

 

また、赤いガーネットは中世の聖職者や貴族に好まれました。

ガーネットは、実際にはいくつかの鉱物で構成されています。パイロープ、アルマンディン、スペサルティン、クロッシュラー、アンドラダイト(灰鉄ザクロ石)の

5つの鉱物は、宝石として重要です。

パイロープとアルマディンは紫から赤色能力ものです。

スペサルティンは、素敵なオレンジ色と黄色のものがあります。

アンドラダイトは、黄色から緑色となっています。

クロッシユラーは、無色から黄色まで、色の範囲が最も幅広くなっています。

 

スミソニアンのアンティークパイロープの髪飾りは最も有名なガーネットジュエリーの、一つです。

パイロープは炎のような目を意味する。ギリシャ語からきています。

女王が穏やかに宮廷を見渡すように、大きなローズカットガーネットが頂点にはめ込まれています。

このティアラ状のジュエリーを飾るパイロープガーネットは、ボヘミアン現在チェコ共和国の一部の、歴史的な鉱山で採掘され、

これらの豊かな赤色の美しい宝石は、この作品が作られたビクトリア時代(1832年~1901年)に高い人気がありました。

 

日本でもガーネットは赤色のガーネットが主流ですが、

グリーンガーネットやオレンジガーネットやイエローガーネットなども希少性で人気が有ります。

結婚指輪の内側には基本的に赤い色のガーネット、赤の色のやわらな色ロードライトガーネットなどが使用されているものが多い様ですね。

表面に入れる方もいますが、ダイヤモンド、サファイア、ルビー、などの石より硬度が弱いために内側に使用しています。

 

1月の誕生石ガーネットについてご案内いたしました。

ご参考にしてください。

結婚指輪、婚約指輪の作成について、何でもご相談下さい。

茨城県つくば市研究学園にある、

ハート&アイつくばに、ご来店お待ちしております。

トップへ戻る

SHOP Infomation

ブライダルジュエリー専門店 ハート&アイつくば
茨城県つくば市研究学園5丁目4番地2 クレアトール103号

 TEL 029-886-3244 営業時間 11:00~18:30
  月曜・火曜・金曜・土曜・日曜
(通常営業)
水曜・木曜は事前予約のみ承ります
(祝日営業)  

More